入れ歯とボケの関係

物が噛めないと人はボケやすい 

福岡県で行われた調査では咀嚼能力が低い人が高い人に比べて、寝たきりや要介護状態になる リスクは、なんと7.5にもなるそうです。

 

咀嚼能力の高い人ほどボケにくい

認知症と歯の関連では、厚生労働省研究班が行った研究によれば、愛知県内の65歳以上の健康な人約4500人が、4年以内に認知症を発症して要介護認定を受けたかどうかを調べたものです。

この結果、歯がほとんどなく入れ歯も使っていない高齢者が4年間で認知症を発症するリスクは、歯が20本以上ある人の1.9倍になることがわかっています。また何でも噛める人に対して、あまり噛めない人のリスクは1.5倍。かかりつけの歯科医院のある人に対して、ない人のリスクは1.4倍でした。

また歯の数が少ない高齢者ほど、脳の一部の容積が減少しているという研究もあります

健康な人や認知症予備軍の脳を調べたところ、歯が少ない人ほど、記憶をつかさどる脳の海馬や、意思や思考能力を担っている脳の前頭葉の容積が縮んでいました。

アルッハィマー型認知症では、この海馬を中心にだんだんと脳の萎縮が進むことが知られています。つまり歯が少ない人ほど認知症になるリスクが高いのです。

 

ぴったり合った入れ歯で認知症になるリスクは減らせる

歯がない、あるいはあってもぐらついているなどして機能していないとか、合わない入れ歯をしていると、噛みやすさに 不自由を感じます.あまり噛まずに飲み込めるものを中心に食へざるを得なくなり、自然と、ごはん類や菓子類など柔らかいもの中心の偏った食事になります。万遍なく食べられないことで食べる楽しみも減ってしまい、食欲も落ちてきます。

栄養をバランスよく摂取できない食習慣が定着すると低栄養を招きます.脳の機能や筋肉量の維持に必要なタンパク質などの栄養素も不足するので、自立的生活が困難になってきます。野菜や果物のビタミン・ミネラル類、食物繊維なども取りづらくなり、生活習慣病や認知症のリスクが高くなります。

咀嚼能力は、単に栄養摂取の手段ではなく、歩く上での敏捷性や平衡感覚、姿勢を保つ など生活動作の能力維持とも関連していることが証明されています。歩く機会が減って運 動量が減れば、メタボリックシンドロームになる可能性も高くなります。

さらに、食べる力や運動能力が失われていくと、心理的にも自信や意欲を失い、うつっぽくなったり閉じこもりがちの生活になりやすいといえます。

つまり、歯が少ないほどQOL(生活の質)は低下し、ひいてはそれが寝たきりにつな がります。先の結論通り、歯の健康は、それくらい全身の健康に影響を与えているのです。

自分の歯で噛めるのが理想ですが、「ぴったり合った入れ歯」でも、健康寿命を伸ばすのに役立つことがわかっています。噛めないままにしているより、入れ歯などで適切な噛み合わせをつくってあげるほうが健康寿命にはいいのです

歯科医療の資料動画に、こんなものがあります。

肺炎で入院中だった88歳の男性患者さんは、歩くどころか立ち上がることもままならない状態におちいってしまいました。あるとき、その患者さんが歯科併設の診療所に車イスでやって来て、合っていなくて使えずにいた入れ歯をぴったり合ったものに作り直したところ、自分で噛んで食事ができるようになりました。食事量が増えたこともあり、間もなく退院します。何とその2週間後には、男性はひざに両手をあてがいながらも自分で歩いて歯科診療所にやってきました。そして2ヵ月後には両手を離して歩けるほどに回復してしまうのです。

動画の最後のシーンは、その患者さんが作業着で庭いじりをする元気な姿で終わっていました。目を見張るような変化です。合った入れ歯を作ることで、噛めるようになり、栄養を口から摂ることができると生まれかわったように元気になれることを真に証明した記録となりました。

ある本からの引用です。

えっ!?こんなにピッタリに噛める入れ歯があるの?
金属が見えないようにしたい…そんな美しい入れ歯をお探しの方へ 誰にも気づかれない入れ歯があるの?
  • 部分入れ歯をお探しの方へ
  • 総入れ歯をお探しの方へ
快適な入れ歯完成までの治療期間の流れ
  1. 診察・診断
  2. お口とアゴのリハビリ
  3. お口とアゴのトレーニング
  4. 入れ歯治療
  5. 完成 定期的な健診調整へ

こんな入れ歯の悩み・不安ありませんか?

  • すぐ外れる・合わない入れ歯
  • 入れ歯を入れたと気付かれてしまう入れ歯
  • 食事の味が分からなくなる入れ歯
  • 入れると吐き気がする入れ歯