角田歯科医院の入れ歯治療の特徴

当院の入れ歯治療の特徴

feature01

当院での入れ歯治療の中で、最も大切にしているのは製作前に行う「型取り」いわゆる印象でする。入れ歯治療の中では「型取り」は準備中の準備の段階ですが、ここが装着時にフィット感に直結してくると考えています。
「型取り・印象」こそ「入れ歯」を決めるのです。

そのため当院では、型取り時にはきちんと時間を確保し、最も慎重かつ正確に治療にあたっております。

入れ歯治療を始める前に

入れ歯の素材によって程度は変わってきますが、長い期間入れ歯を使用していると、入れ歯自体がへたってきたり、小さなひびが入ってしまってしまう場合があります。

im_ireba010入れ歯を長持ちさせるコツとして、まず1つ目に「定期的に確認すること」が重要です。突然壊れてしまったし、合わなくなってしまったことでお口の中で痛みが発生することもあります。

入れ歯は簡単に言うと、骨の上に乗っている状態です。ですので、基本的には入れ歯というのはその骨に依存度が高く、段々年齢を重ねることによって骨は痩せてしまいことで入れ歯が少しずつ合わなくなっていくものです。ご自身の入れ歯を定期的に確認・調整することで、苦しい痛みや不快感を防いでくれる効果があります。

ポイント2つ目としては「残っている歯を守る」ということです。
部分入れ歯の場合などは、残っているご自身の歯にも金属バネなどをかけてしまうケースが多く存在します。残っている歯に支えてもらっている分、負担は大きく、最悪の場合、

この支えになる大切な歯がダメになってしまうと、入れ歯が使えなくなってしまいます。

im_ireba011そうなると、また、最初から入れ歯を作り直す必要が出てくる場合があります。金銭的にも負担が大きくなってしまうのです。

このように入れ歯は、型を取って、作って終わりではありません。

むしろ、作ってからが「始まり」とも言えます。

作製した医院が遠方の場合でも、お近くの歯科医院でメンテナンスを実施してもらえるところは必ずあるので、しっかりと定期的に通われることをおすすめします。
残っている歯まで抜かざるを得ない状況なります。

当院では、できるだけ金属バネを使用しない入れ歯をご紹介していますが、実は部分入れ歯の場合などは、残っている歯のケアというものも重要になってきます。

 

入れ歯は作ってからも大事!当院のアフターフォロー体制

feature02

当院では、入れ歯を作っておしまいという体制ではなく、アフターフォローをしっかり行っています。

なかなか入れ歯の効果的なお手入れ方法などは知ることができないと思いますし、どうやって調べるべきかもわからないものからしれません。ですので、歯科医師としてプロ目線から効果的なケア方法やメンテナンス方法をご提案させて頂きます。

また、入れ歯治療を受けられた方々には、基本的には必ず定期的に検診に来て頂くようにお願いしております。入れ歯はいつどのようになるかわかりませんので、きちんと歯科医師の目で判断させて頂いております。

えっ!?こんなにピッタリに噛める入れ歯があるの?
金属が見えないようにしたい…そんな美しい入れ歯をお探しの方へ 誰にも気づかれない入れ歯があるの?
  • 部分入れ歯をお探しの方へ
  • 総入れ歯をお探しの方へ
快適な入れ歯完成までの治療期間の流れ
  1. 診察・診断
  2. お口とアゴのリハビリ
  3. お口とアゴのトレーニング
  4. 入れ歯治療
  5. 完成 定期的な健診調整へ

こんな入れ歯の悩み・不安ありませんか?

  • すぐ外れる・合わない入れ歯
  • 入れ歯を入れたと気付かれてしまう入れ歯
  • 食事の味が分からなくなる入れ歯
  • 入れると吐き気がする入れ歯